6027
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

連休が明けました! - ARUJI

2018/05/08 (Tue) 08:38:02

生徒たちも、いよいよ、教科の学習に熱中しないと、スロースタートは、やはり、まずいですね!

子どもを叱り続ける人が知らない「第6原則」 - ARUJI

2018/04/19 (Thu) 08:44:16

★ この問題は親子の永遠の課題です。難しいですが、一つ一つ、ほぐしていくといいですね。これもあくまである「意見」として読みましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子どもを叱り続ける人が知らない「第6原則」
4/19(木) 8:10配信

反抗期真っ只中、成績は下がる一方です(写真: nonpii / PIXTA)
※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

中高一貫に通う、思春期、反抗期真っ只中の男子の母です。昨年の春から、とくに反抗がひどくなりました。いつも私とケンカになり、思いどおりにならないと家を出たり、暴言暴力が出ます。学校の成績は平均以下となり、当初よりかなり下がりました。
本人は、まったく気にせず、冬休みは毎日DS、テレビ、マンガ三昧でした。学校にも何度も何度も呼び出され、教頭に指導されています。が、本人には響いていないようです。本人は、将来の夢はない、何だっていい、大学には入らなくてもいい、そのときに考えればいいと言います。何のために中高一貫校に行ったのか、高校受験がなくてよかったという程度に思っているのか。このままゲーム三昧、無気力のまま生きていきそうで心配です。
(仮名:柴田さん)

■反抗期だけが理由とも思えない

 かなり深刻な状態になってしまっているようですね。親としてもどう対応していいか不安な毎日でしょう。思春期、反抗期真っ只中とのことですが、確かにそれもあると思いますが、単純にそれが理由とも思えません。今の状態では、いくら説教しようが、いくら叱り、怒ろうが、解決することはないでしょう。原因が何なのか、それがわからないと対応のしようがありませんから、まずは原因を考えてみましょう。
 「子どもを叱り続ける」ということで日々“格闘”しているご家庭は少なくありません。“格闘”になってしまっている原因は、いくつかに分類されます。それを筆者は「子どもを叱り続ける人が知らない『5つの原則』」と呼んで、講演会などでもよくお話ししています。

【第1原則】―自分とまったく同じ価値観の人はいない
【第2原則】―強制されたことは、やらないか、やったとしても面従腹背となる
【第3原則】―人間には最低3つの長所がある
【第4原則】―親の成長は止まっているが、子どもは成長している
【第5原則】―「怒る、叱る、諭す」の3つを使い分ける
 この5つの原則は書籍でも書いたことがあるのですが、実は、この5つ以外に、もう1つあり、それを「第6の原則」と呼んでいます。第6の原則は非常に表現することが難しく、日ごろ割愛していますが、実は柴田さんのケースは、まさにその第6の原則が当てはまるように思います。

 第6の原則とは何か。それは次のことです。
子どもを叱り続ける人が知らない「第6原則」
4/19(木) 8:10配信

【第6の原則】―子どもの精神年齢と実年齢は異なる
 「精神年齢<実年齢」のケースもあれば、「精神年齢>実年齢」のケースもあります。これまで筆者が直接指導してきた3500人以上の小中高生はそれこそ、多種多様で、精神年齢と実年齢が一致しているほうが稀なぐらいでした。

 「精神年齢」とはさまざまな定義があるでしょうが、この場合、「実際の年齢」に比べての精神的な幼さを指しています。そしてその幼さがいちばんよく表れるのは、「年齢相当の話が通じない」ことと「先を見通して行動できない」の2つです。
■話がまったく伝わっていないケース

 「精神年齢<実年齢」のケースとして、先日こんな話を聞きました。

 スマホばかりに熱中し、四六時中スマホをいじる中高一貫の私立学校に通う中学1年生。夜も決められた時間を守れずにズルズルの状態です。そこで、夜の決められた時間が守れない点を親が説教しました。

 親:「今後どうしたらいいと思う?」

 子:「お小遣いなしでいい」

 親:「え?  全然意味違うよね。今、話しているのは、夜にずっとスマホばかりに熱中するから、どうしたらいいかを聞いているんだけど」
 子:「じゃ、勉強中の休み時間をなくす」

 勉強中に休み時間があるとスマホをやるから、休憩時間をなくせば解決すると考えて発言したらしいのですが、今の話題とはまったく異なることは明白です。つまり、この子には、話がまったく伝わっていないのです。何度もわかりやすく話をしてもわかってくれないため、「大丈夫でしょうか?」という相談だったのです。

 この例は、子どもの精神年齢の低さを表した典型的な例なのです。もちろん、発信する側の表現の問題ということもあるかもしれませんが、それとは異なり、わかりやすく話をしているのに、話が全然伝わっていないということは頻繁に起こります。さらにゲームやスマホばかりにハマる子は、「先を見通して行動できない」典型例でもあります。
子どもを叱り続ける人が知らない「第6原則」
4/19(木) 8:10配信

 もちろん、怒られたり、叱られたりしているときは、子どもは、叱っている親の感情だけを受け取り、話の内容が頭に入っていかないことが、往々にしてあります。しかし、それとは異なり、子どもの実年齢ほどの理解力がない、ということにこの根本原因があると考えられるのです。

 相手は、中1だから、体も大きくなっていると、その外見による判断のみで、精神的側面も成長しているはずだという錯覚が親にあるため、大人と思って話をしてしまいます。「もう中学生なんだから……」という言葉はそれを物語っています。しかし、相手は親が思っているほど大人ではなく、まだまだ子どもであることが多いのです。そうすると叱り続けるという現象が起こります。
 では、このようなときはどうすればいいのでしょうか? 

■現状の精神年齢の水準で対応する

 「子どもを実年齢で判断するのではなく、現状の精神年齢の水準で対応してあげる」といいでしょう。

 つまり先ほどの例で言えば、「相手は中1ではなく、小学校3年生ぐらいと思って対応する」のです。

 たとえば、幼稚園児にスマホを渡して、「○○時までよ!」と言っても、大抵はいじり続けますよね。ですから、通常は親が管理します(幼児にスマホを渡してやりたい放題というケースは通常ありませんが)。自由奔放にやらせるということはしませんね。これは極端な例ですが、相手は親が思うような中1ではないのです。小学校低学年程度と思って対応するのです。
 つまりその中1の子どもは、「先を考えて行動できない」という状態であり、まだ自律できる段階ではないため、まずは保護者が管理し、そして子どもの精神的成長に応じて徐々に自律できるようにスライドさせていくようにするのです。

 勘違いしてはいけないことが、お子さんの精神年齢が低く、幼くてもそれはデメリットではないということです。人間、さまざまです。成長もさまざまです。大器晩成という言葉もありますし、良い悪いという問題ではないのですね。もし良い悪いという問題であれば、幼い子は皆悪い子になってしまいます。良い悪いという問題ではなく、単に成長段階の問題なのです。さらに、成長も早ければ良くて、遅ければ悪いというものでもありません。その成長の段階に合わせて対応してあげることが重要なのです。するとその子はやがて、自信を持ち、“化けて”いく可能性があります。
 柴田さんの場合、お子さんはまだ小学生程度の状態で、自律できていない段階だと思ってください。受験をして中高一貫校に通っていたとしても、だからといって精神年齢が高いとか、自律できているというわけではないのです。

 そのように認識したら、子どもに対してどのように対応をするでしょうか。少なくとも今のような対応は取らないことでしょう。そして、徐々に自分で自分のことをやらせるという姿勢をとって、自己管理ができるようにしていってあげてください。
石田 勝紀 :一般社団法人教育デザインラボ代表理事、都留文科大学特任教授
• 前へ
• 1
• 2
• 3
• 次へ
3/3ページ
【関連記事】
• 反抗期の子に悩む親が知らない「最後の手段」
• 戸惑う親に伝えたい「反抗期男子」のトリセツ
• 反抗期の子どもへの怒り、どう制御すべきか
• 子どもを叱り続ける人が知らない「3大原則」
• 同じ勉強をしていて差がつく「本質的な理由」



最終更新:4/19(木) 8:10
東洋経済オンライン

全国学力テスト 国語では・・・ - ARUJI

2018/04/18 (Wed) 23:18:36

★ 国語の最後の問題では120字の記述問題がありました。物語の筋書きです。これはかなり慣れていないと書けませんね
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全国学力テスト 国語では小中共通問題 次期指導要領先取りも


4/18(水) 7:55配信

産経新聞



 文部科学省が17日に実施した「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)では、過去のテストで平均正答率が70%を下回った苦手分野からの出題が3割超を占めたほか、一部では次期学習指導要領の内容を先取りする問題もあった。文部科学省の担当者は「各学校では7月の結果公表を待たずに、問題を授業の改善に活用してほしい」と話している。

 文科省によると、国語、算数・数学、理科の3教科で過去のテストの課題を踏まえた出題は全178問中64問に上った。

 小学校国語Bでは文章構成や表現を工夫して推薦文を書けるかどうかを試したほか、算数Aでは「単位量当たりの大きさ」を求める割り算の理解を尋ねた。

 理科では実験や観察などを通じ科学的事象を探求する力を確認した。小学校では、メダカを育てる水槽の水温を下げるため光電池を使ったプロペラで風を起こす場面を出題。現在の授業内容でも対応できるが「次期指導要領などにある『ものづくり』活動の充実の視点を先取りした」(文科省)という。

 算数Aでも異なる地点の気温を示した折れ線グラフから変化を読み取る出題があり、次期指導要領に登場するグラフの組み合わせを念頭に置いた。

 特徴的な問題では、小中の国語Aで共に「心を打たれる」の意味を尋ねた。この慣用句は小5で習うが、同一の言葉の意味を小中で同時に問うのは初の試みという。

 担当者は「慣用句の理解には課題があり、共通問題を出すことで児童や生徒がどこでつまずいたか把握できる可能性がある」としている。

 このほか、中学校の国語Aでは、文章の展開に即して情報を整理できるかを問う問題として、新聞紙の長所や製造工程を解説した説明文が取り上げられた。
.

【関連記事】
米山隆一知事「ツイッターしばらく気力湧かない」 文春取材の15日を最後に投稿止まる
米山隆一新潟知事、自由恋愛を強調 「僕は好きでしたよ」 未成年との指摘は?
新潟の米山知事にツイッターでやり合った石平氏が投稿
羽生結弦パレード 準備で学生25人のアドレス流出
セブンイレブン、記録的大雪でも営業継続を要請 福井のオーナーが「50時間連続勤務」訴える

最終更新:4/18(水) 7:55
産経新聞

新学年、始まりましたね! - ARUJI

2018/04/17 (Tue) 17:12:00

 先日のニュースでは、現在アメリカのハーバード大学での留学生は、中国からの留学生が500人あまりでTOP,ついで、韓国、インド、ヨーロッパなど。日本からの留学生は100人ちょっとで、下位グループに入るそうです。
しかし、この100人の中には日本でのTOP集団がそこにいると言うことでしょう。
 日本の東大やその他の旧帝大を出て、官僚の道を進んでも、たいしたことのない日本のTOP連中のパシリぐらいしか仕事がないのが、最近の報道で明らかになっています。要するに仕事のスケールも狭いし程度が低すぎるのですね。
 それに比べると、海外でのこのような世界での可能性を試すのは、それは本物の「エリート」を目指していると言うことです。彼らは卒業後は日本にかえって官僚を目指すなどと言う様なことは考えてはいないと思います。
 世界の「世界」は、とてつもなく広く、かつ、とてつもなく深いのですね。だから、逆に日本の首根っこをつかむような世界レベルの組織をリードできるような人材も出てくると思います。
 非常に楽しみです。

日本の春は忙しい!! - ARUJI

2018/03/22 (Thu) 11:23:07

全国的にはどうなんでしょうか?
今日は、京都市立小学校などで卒業式が行われているようですね。
先日までは、暖かい感じでこれは卒業式も入学式も両方ともに、いい日和になるなあ、と思っていたのですが、何といじわるな天気でしょうか!!
先日のこの掲示板で、公立高校が東大を始め、国内の上位国立大学合格者を大量生産し始めたということでした。
この種明かしをすると、もう日本の一流国立大といわれる大学には国際基準では、魅力がなくなったということでしょう。いま、本当に優れた高校生たちは(あまり報道されていないのですが)海外の一流大学に進学しています。
数字でいうと、ひょっとすると、年間1000人くらいは流出していると思います。
その残りの優秀な生徒たちが東大をはじめ、国内の一流国立大に入っているようです。
要は、東大などの国内の一流といわれる大学は、地に落ちかけていると言うべきでしょうか?
だから、ある公立高校が、東大に大量に合格者を出した!といっても、そのまま手放しで喜ぶわけにはいかない。
今、一流企業の偉いさんたち、「最近の東大生は使いものにならんねえ」と嘆いているのを又聞きします。
それだけ「質が落ちた」ということでしょう。高品質管理しようにも、玉の質が落ちれば、どうしようもないことでしょう。
これから、日本の大学生の質は落ちていく一方でしょう。文科省の顔色を伺うような官僚化した大学人が先頭にいるようではお先がしれている!という人も多いのですね。
困ったことです。

公立高校は、いよいよ、、、 - ARUJI

2018/03/14 (Wed) 09:43:35

春の高校進学の進路がいよいよ、今週あたりには、各自が決まりますね。
春は、悲喜こもごもですが、まだまだ、勝負はこれからの長い人生で決まる。15や18で、決まるものではありません。また、人生の幸福度は、偏差値ではきまりません。
これからも、気を抜くことなく、頑張っていきましょう。
そんな覚悟で、今週を迎えましょう。

公立高校復権の兆し!? - ARUJI

2018/02/24 (Sat) 09:00:27

センター試験「900点満点」高校生はあの名門校生徒 2/24(土) 8:00配信 東京大学安田講堂  平昌五輪を尻目に、史上最高点をたたき出した若者がいる。種目はセンター試験。まだ2次試験が控え、フィギュアスケートでいえばSPの得点にすぎない。メダルを獲得したわけではないが、とはいえ、ノーミスの満点とは天才的だ。はて、どう学んだ結果か。  ***  2月7日に東京大学が発表した「第1段階選抜合格者の最高点・最低点及び平均点」のなかで、理科一類の志願者の最高点が900点――大手予備校など一部では大きな話題を呼んだ。  センター試験の点数は、大学入試がすべて終わる4月半ばまで本人に開示されない。このため、受験生は自己採点にしたがって志望校に出願せざるをえず、その際、大手予備校の集計に頼るのが一般的だ。自己採点結果と志望校を予備校に提出し、合格可能性を判定してもらい、それを見て最終的な志望校を決めるのだ。  東大の発表で満点をとった受験生の存在が明らかになったが、実は、その“前哨戦”があった。1月17日、駿台予備学校がセンター試験の自己採点の集計を発表すると、東大理一志望者に2人、900点満点で申告している受験生がいたのだ。  それと同時に、都内のある進学校でも、 「うちの生徒でセンター満点をとったヤツがいる」  という噂が広がり、先生たちも授業中に嬉々として、 「今年はセンター試験で、学校始まって以来の全科目満点をとった生徒がいる」  と話すに至ったのだ。いったい、どんな生徒か。 文武両道 「先生が“センター満点の子がいた”と話すと、教室中がどよめきました。運動部で足も速い高田翔太くん=仮名=だというのは、すぐ広まりました。あの人は高1のときから勉強がものすごくよくできて、“ヤバいね”というのは、下の学年でも有名です。科学五輪とかにも挑戦していたはずだと思う」  そう語るのは、都立日比谷高校の生徒のひとり。別の生徒は、 「模擬試験で全国レベルの成績をとるくらい頭がいいけど、運動もできて、やさしくて下級生からも慕われる優等生です」  少女漫画に出てくる万能少年、ということか。幼なじみによれば、 「ガリ勉タイプではなかった。おかあさんは、どちらかというと放任主義で、彼は自主的に勉強するタイプ。お父さんが海外勤務もある会社員で、小学校時代は海外生活も経験していた。中学時代から飛び抜けてできたけど、それをひけらかすこともない、いいヤツでした。弟は別の都立名門校に通っているんですけど、やっぱり文武両道でめちゃくちゃ優秀です」  息子3人と娘1人を東大理科三類に合格させた佐藤亮子さんがいう。 「家族が放任だったとすれば、やはり精神年齢が高く、精神力が強かったのでしょう。そうでなければ、高校生が自分で日々の生活や勉強計画をマネジメントするのは、難しいですから」 センター試験「900点満点」高校生はあの名門校生徒 2/24(土) 8:00配信 日比谷高校の歩み  さて、日比谷高校は昨年45人、一昨年は53人の東大合格者を出した、全国の公立校のなかでも抜きんでた進学校だが、ここまでの道は平坦ではなかった。  その歴史は戦前の東京府第一中学、いわゆる府立一中に遡るが、当時の卒業生は、たとえば文壇なら夏目漱石、尾崎紅葉、幸田露伴と、さながら文学史。戦後も、1964年の193人を筆頭に毎年200人近くが東大に合格する、全国随一の名門進学校だった。 「ところが、一部の進学校に優秀な生徒が集まる“不平等”を問題にした東京都は、67年に学校群制を導入します。受験生は複数の学校を組み合わせた学校群を受験し、合格者を成績によって群内の学校に均等配分する制度で、特定の学校を受験できなくなりました。結果、日比谷の進学実績は急落し、東大合格者も90年から04年まで一桁が続きました」(教育ジャーナリスト)  改革は、当時の石原慎太郎都知事の鶴の一声で始まった。精神科医で受験に詳しい和田秀樹氏の話。 「僕が受験生だった80年代前半は、日比谷高校から現役で東大に入る生徒はゼロでした。学校群制の導入で優秀な子が都立を避け、東大合格校は私立ばかりになって、お金持ちしか通えなくなったのです。そんな状況に異を唱えたのが、神奈川の名門公立、湘南高校出身の石原さんでした」  すでに94年、都立高校は単独選抜制に戻ってはいたが、石原氏の肝煎りで2001年に、日比谷などが進学指導重点校に指定され、各校独自の入試問題も導入。03年に学区制が廃止されてから、進学実績は再び上向いていった。加えて、 「08年のリーマンショックの影響で、私立の中高一貫校の受験者が2割ほど減った。一方、新たにできて学費が安い都立中高一貫校を受ける流れ、そして最初から高校受験を狙い、トップ校の日比谷を受ける、という流れもできました」  森上教育研究所の森上展安代表はそう語る。 至れり尽くせり  ところで、かつての日比谷は生徒の自主性を重んじる校風だったが、いまは違う。12年に赴任した武内彰校長の下、面倒見のいい学校に脱皮しており、先のジャーナリストが言う。 「各生徒の模試の結果などをデータベース化し、各教員が共有して弱点を指導したり、年3回、半月ほどの間、全生徒に何時に起きて何をし、どれだけ部活をし勉強したかという詳細な日誌を書かせ、それをもとに指導している。朝や放課後の補習もふんだんにあって至れり尽くせりです。“難関4国立大学及び国立大学医学部医学科の現役合格者60人以上”といった具体的な数値目標も細かく掲げ、みなクリアしています」  その一方で、部活や行事にも手を抜かない、という忙しい高校生活が強いられる学校だという。大人びた優等生には、少々煙たい環境かもしれない。  ところで、東大の最難関は医学部進学コースである理三だが、高田くんが選んだ理一は、工学部や理学部への進学者が多い。 「理一を受ける子は理系オタクが多い。そういうタイプは、センター満点ならまず受かるでしょう」  と和田氏。もう1人、満点と申告したのがだれかは謎のままだが、2人ともSPの勢いでフリーも羽ばたいてくれるに違いない。 「週刊新潮」2018年2月22日号 掲載 新潮社

京都は、最後の塾戦争に入る? - ARUJI

2018/02/13 (Tue) 08:24:10

地元の大きな塾群に戦いを挑む、大阪の大きな塾。
われわれとしては、良い刺激になるかもしれませんが、
迎え撃つ方の塾は死活問題!

冷静に見ておきましょう‼





インフル何日休ませる? 子どもの基準 文科省 - ARUJI

2018/02/05 (Mon) 11:02:47



インフル何日休ませる? 子どもの基準 文科省「発熱後5日+解熱後2日」


2/5(月) 9:39配信

西日本新聞







インフル何日休ませる? 子どもの基準 文科省「発熱後5日+解熱後2日」


出席停止期間の基準


 「インフルエンザにかかった子どもは、いつから学校に行っていいの?」。小学生の息子を持つ福岡県内の女性(42)から、西日本新聞の特命取材班にメールが寄せられた。保護者の間でも情報がばらばらで、よく分からないという。患者数が過去最多を更新、休校や学級閉鎖も相次ぐインフルエンザ、病後の登校に決まりはあるのか。

⇒【画像】すぐにできる5つのインフルエンザ予防策

 女性の友人は、小学生の子どもがインフルエンザと診断され、医師から「薬を飲んで熱が下がっても、5日間は休ませて」と念を押された。一方で、1月27日に熱っぽい症状が出て翌28日に受診した別の子どもの母親は「きょう熱が下がったら、31日から登校させていい」と言われたという。
.

「発熱後5日」かつ「解熱後2日」

 文部科学省に取材すると、学校保健安全法の施行規則に「出席停止期間の基準」があり、「保護者も基本としてほしい」と言う。基準は「発症した後5日(発症した翌日が1日目)を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児は3日)を経過するまで」。発症とは「発熱」を目安とする。

 福岡県医師会の稲光毅理事(小児科)も、この基準に従い患者に登校していい日を伝えている。1月27日に発熱したとすると「31日は、まだウイルスを出しているかもしれない。熱が下がったとしても、学校は最も早くて2月2日から」と話し「31日は、間違いだ」と指摘する。
.

「大人」の場合、基準はなく

 出席停止基準は、かつては「解熱した後2日を経過するまで」のみだったが、薬で熱が下がったことで登校し周囲にうつす恐れがあったことから、2012年4月に基準を改正。「ウイルスがほとんど検出されなくなる」という臨床研究報告がある「発症後5日」が要件に加わった。ただ、基準はあくまで基準。文科省は「症状により、学校や医師が認めた場合はその限りではない」として、登校できる日が前後することもあるという。

 まだまだ大流行が続きそうなインフルエンザ。稲光理事は、高熱が出ず感染に気付かない場合もあり「せき、くしゃみ、鼻水など症状がある人はマスクを着けて」と呼び掛けている。

 厚生労働省などによると「大人」の場合、学校のような基準はない。一般に「発症後3~7日間はウイルスを排出するので外出を控える」とされ、医師や職場の指示に従う必要がありそうだ。
.

●SNSで調査報道の依頼を受付中!

 西日本新聞「あなたの特命取材班」は、暮らしの疑問から地域の困り事、行政や企業の不正告発まで、SNSで寄せられた読者の情報提供や要望に応え、調査報道で課題解決を目指します。ツイッターやフェイスブックの文中に「#あなたの特命取材班 」を入れて発信してください。
.
西日本新聞社


【関連記事】
キノコ、洗わなくて大丈夫? 「石突き」の処理も間違いやすいポイント
口を動かすだけでインフル予防のワケ 「あいうべ体操」広がる
「生産が追いつかない」甘酒は“飲む点滴” 風邪にも最適 人気高まる
「洗った米、水に浸しっ放しは雑菌が急激に繁殖」おいしいご飯、科学が裏付け
「ただいま出来たてでーす」暴走した企業が切り捨てた「消費者の安全」








最終更新:2/5(月) 10:57
西日本新聞
.


受験生は家の中でも要注意!! - ARUJI

2018/02/05 (Mon) 10:04:32

インフルエンザ、家庭でどう広がる? データにあらわれた意外な結果
2/3(土) 10:33配信




イメージ写真
インフルエンザが猛威を振るっている。

2月2日に厚生労働省がまとめた流行状況(1月22日~28日)によると、全国の推計感染者数は前週(284万人)から減り、274万人となったものの、以前全都道府県で警報レベルが続き、1万を超す学校などで学級・学校閉鎖が広がった。

家族がインフルエンザにかかると、家庭内で次々と発症してしまうケースもめずらしくない。実際、家族間で感染はどのくらい広がるものなのだろうか。(錦光山雅子・ハフポスト日本版)



廣津伸夫院長
■家族のなかで感染はどう広がるのか
家族のカルテから長年感染の実態を観察している医師がいる。廣津医院(神奈川県川崎市)で小児科・内科を担当する廣津伸夫院長だ。

2001年から医院を受診した家族に、独自の調査票を配り、回答内容をもとに分析している。調査対象となった患者数は、のべ7200人近くにのぼる。

調査票では、家族構成、ワクチン接種の有無とその時期、インフルに家族がかかった日時、熱が高いのに気づいた時期や下がった時期ーーなどを詳細に聞く。

その上で、子どもを年齢ごとに「乳幼児」(0~6歳)「学童」(7~12歳)「中高生」(13~18歳)のグループに分け、「母親」「父親」を加えた各グループで比べ、家族の中でいつ誰が最初に発症し、誰にどのくらい感染していったのか、家族間の感染状況もみている。

2011年~12年のシーズンから2015~16年のシーズンの5年分の患者データから、興味深い傾向が浮かびあがった。

調査では、最初の患者になった人以外の家族の中で、最初の患者から感染した家族が占める割合を「家族内感染率」として調べてみた。
最も高かったのは、乳幼児から家族全体への感染で、976人中118人(12.1%)だった。「乳幼児」は家族の中で一番最初に発症する割合も高い。その後の感染経路をみると 「乳児 → 母親」が17.8%と、幼い子どもから移されているのは「母親」が最も多かった。次いでほかの幼いきょうだい(0~6歳)の感染率が14.5%。逆に「母親 → 乳幼児」の感染率は10.9%にとどまった。

「乳幼児の育児や看護で接触が避けられない母親が多いからでは」と廣津院長。「母親」から感染する数字の方が低いのは、その分、子どもに移さないよう、予防に励んでいるからだろうか。そもそも「母親」からのほかの家族への感染率は全体でも最も低く、4.9%だった。
インフルエンザ、家庭でどう広がる? データにあらわれた意外な結果
2/3(土) 10:33配信




乳幼児の次に、父親からの感染率が高かった。
■「父親」の存在
その一方で、意外なことも分かった。「父親」の存在だ。

「父親」が最初に発症した場合、父親からの家族全体への感染は348人中30人(8.6%)。乳幼児に次ぐ高さだ。父親由来の感染の割合が多いのだという。



廣津伸夫院長作成のデータから
「乳幼児 → 父親」の感染率は6.3%だが、逆に「父親 → 乳幼児」の感染率は15.4%に増える。(グラフ参照)



廣津伸夫院長作成のデータから
夫婦間でみると、「母親 → 父親」は1.9%と極めて低いが、「父親 → 母親」のルートの感染率は8.8%と跳ね上がる。(グラフ参照)

「家族の間の感染率の差は、意識の差が関係しているのかもしれません。父親からの感染率の高さは、父親がインフルエンザの予防をしっかりするという認識が低いことが伺えます」と廣津院長。

ただ、昨シーズンのデータから、「父親」からの感染率は下がってきているという。

「家族の中で父親も予防しようという意識が高まっているのかもしれません」と廣津院長は言う。
■予防と早めの治療開始で感染率が変わる
家族内の感染を少しでも抑えるにはどうしたらいいのか。

マスクや寝場所を分けるなどの対策もあるが、廣津院長は「一生懸命予防をしても食事を一緒にとる家族は少なくない。同じテーブルで食事をして感染を広げることもあるので、インフルエンザに発症したときの食卓は分けて欲しい」と助言する。

また、治療を始めた時間によっても家族の中での感染率は変わってくる。



廣津伸夫院長作成のデータから
グラフを見て欲しい。
廣津医院のデータによると、A型インフルエンザの場合でみた全世代での家族内感染率は、発症から24時間以内に治療を始めた場合は6.9%、48時間を超すと14.8%まで上昇した。特に父母の場合、治療開始時間が48時間を超えると急激に感染率が高まっているのが分かる。

「インフルエンザの治療開始が早ければ、その家族での感染率は低くなる。家族の中で発症した人のウイルスが早く消えれば、その分、感染の機会が少なくなる。父親からほかの家族への感染率が高い要因の一つとして、治療にかかるのが遅いことも考えられます。父親が治療を早めた場合は、感染率もその分下がると思います」と、廣津院長は言う。

つまり、大人は早く治療した方が、子どもの感染を防ぐ可能性が高いということだ。

ワクチン接種もしかりだ。

「ワクチンを接種している家族内の感染率と、接種しなかった家族の感染率を比べると、接種しなかった家族の方が、感染率は高かった。ワクチンを接種した家族の方が、その年に流行したインフルエンザのワクチンの有効率が高ければ、家族の中での感染率も低い傾向が見られた」という。
インフルエンザ、家庭でどう広がる? データにあらわれた意外な結果
2/3(土) 10:33配信




廣瀬院長
1医療機関でのデータではあるが、家族の中で、どのような感染の経路を経るのか、その一端が見えてきた。

データでは、母親は幼い子供たちからインフルをもらってしまう可能性がほかの家族よりも高かった。このことを覚えておいて欲しい。対して父親は、子供たちや妻に移す立場になり得るので、無理せず早めに受診をした方が周囲のためだ。

ところで、子どもがインフルエンザになった場合、出勤するかどうか、どう考えるべきか。

実際、1月末に子どもがインフルエンザを発症したハフポスト日本版の同僚が、自宅で仕事をすることになった。感染しているかどうかは不明だったが、少人数で回している職場への影響を考慮したと、編集長は説明した。

「感染していないなら行っても大丈夫ですが、感染しているかどうかが不明な段階でも咳や気分が優れないなど体調の変化があれば、最大限の努力として、休んだ方がよいと思います」と廣津院長は言う。

ところで、廣津院長ご自身は?

「自分もインフルエンザにかかることもありますが、簡単に休めない。マスクをしっかりつけるなどして診察に当たります」
錦光山雅子
ージ
【関連記事】
• 猛威を振るうインフルエンザ 医師1000人が選んだ「最も効果のある対策」とは?
• 実家を「隠れインフル」で全滅させちゃった・・・ 幼児も症状が出にくいかも!
• インフルエンザ大流行。日本から失われた「集団免疫」とは?
• 家族が、がんになったらどうする? 30代のマンガ家夫婦は、ホメ合う習慣で危機を乗り越えた


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.